2018/02/24

MASHING UP 2018

0 Comments















MASHING UP:UNLEASH YOURSELF」
へ行ってきました。(公式サイトはこちら

わたしにとってそれは、
転機を生み出すカンファレンスでした。

この10年というもの、

心の中で止まっていた時間が、
再び動き出した感じがするのです。

 *

会場が、

TRUNK (HOTEL)というだけでも、
え?って思いますよね。

お誘いした福祉新聞の記者さんからも
「場所がまた良いですね」とお話があったところ。

ビジネスカンファレンスというと、

ちょっとスーツで
キューキューゴリゴリした印象だったり、

方や、肩肘張って
キリキリした印象だったりするものも多い中、

なんと風通りが良くて
しなやかなカンファレンスだったろうかと思います。

 *

話題も、心身から、社会課題まで。

3会場で同時進行するカンファレンスは、
どれも途中参加OKでしたし、

フリードリンクや軽食サービスもあったりして、

会場内滞在中のニーズまで
きちんと考えられていました。

…居心地良さにまで
気が回っているカンファレンスは

少数なんじゃないかなと思うのです。

コーヒー、紅茶、などを片手に、

気になる聴きたい話を渡り歩いて、
気がつくと一日終了、

という感じでした!

 *

初日が終わった後は、

この10年でがんばりすぎたことから
色々頑なになっていた自分に気づかされ、

電車の中でも涙が止まらず、
帰って号泣(笑)。

翌日は、
素直に泣いたのが良かったのか、

前日とは打って変わって
晴れやかな1日でした。

 *

思い切って行って良かったし、
これからの人生が変わるなあ…と実感する

出会いもあり、話題もありの
素敵な時間が過ごせました。

10年社会の流れから
分断されている(と感じていた)自分としては、

このカンファレンスは、

20代の続きとして自然な形で、
30代に経験したかったことだったけれど。

そこに集まる
ミレニアル世代から80代までの活力に触れ、

ためになったし、
肉声に触れて感じて、考えることの出来る、

とても豊かな時間でもありました。

 *

株式会社メディアジーン代表の
今田素子さんとは、

20代の中盤にお会いしたことがあります。

30代の中盤病後まもなくにも
先方の会社内で

ちらりとすれ違ってご挨拶はしています。

今回、ワークショップの席が同じで、
この人知ってるなあと思っていたのですが、

うわー、やっぱり素子さんだ!という、
その再会もひどくうれしくて、

きゃーと手を取り合えたのもうれしく。

ネットワーキングパーティーでは、

恥ずかしかったけれどお願いして、
お写真をご一緒させていただきました。




















 *

当時皆さんは、

「サイゾー」という雑誌の
創刊準備中だったのです。

わたしは当時リクルートの子会社であった
メディアファクトリーで、

会社員としてのお仕事を
一番楽しくさせていただいていた時期でした。

知人の小説家
山下卓さんのご紹介で、

MFさんに創刊元になってもらえないだろうかと
ご相談をいただいたので、

関心のありそうな先輩に情報をお話し、
経営サイドまで話をあげてもらったことがある。

というご縁。

そんなわたしの名前を
うっすらとでも覚えていてくださったのだから、

本当にうれしかったです。

 *

個人的なうれしい話はともかく。

今後も、MASHING UPは続く模様!

キャッチアップしたら、
ここでもお知らせできれば良いなと思います。

参加者は、
圧倒的に若い世代が多いのだけど、

本当に面白かったので
また来年も行きたいな…と思いました。

 *

病後、気持ちは萎縮したので、

20代の頃大好きだった
そのころにあったような「場」に出て行くのは

それなりに勇気が要りました。

10年。

怖くない程度に、少しずつ、少しずつ、
可能性を広げてきました。

それでも勇気が沢山いるので、

お守りになるアクセサリーを
山程身につけて参加したのです(笑)。

来年はもうちょっと軽装になりたい。

その分、

心をつよく
しなやかに持てるようになりたい。

そう思います。

 *

変わりたいと思ったら、
行動を変えることがやっぱり一番はやい。

それには勇気が必要なので、
準備はゆっくりと入念でも良いような気がします。

わたしは10年かかったけれど。
それでもとっても晴れやかな気持ちです。

 *

このイベント中に、
頼んでいた時計が届いたのも、

共時性だとしたら大笑い。

「時は、我が身に戻りけり」

物事は捉え方次第、気の持ち方次第。

世界は心地よく
今日も回っているんだなと思います。


ストーン・コンシェルジュ / アクセサリー作家
みたけさやか

2018/02/16

変化の時期はゆっくりと

0 Comments



















駆け抜けた2016年。
悩み惑いつつだった2017年。

今まだ、悩みつつも、

立ち上がり始めている2018年
2月の新月です。

 *

変化の時期って、
独特の居心地悪さや怖さがありませんか?

わたしは顕著にあります(笑)。

自分の変化を感じながら、
ちょっと…だいぶ、不安になったりします。

 *

2007年以降この10年は、
仕事が出来ていなかったように感じています。

実際は、出来ないながらも
本当に色々させていただいたし、

がんばってもいたのですが。

気持ちの上で「前進」はあっても
大きな「変化」はなかったのです。

 *

抽象的に言うとしたら、

オブシディアンを見つめていたような感じで、

「内面の世界」を
ひたすら掘り下げていたように思います。

そんな風に生きていたかな、
と思うし、

それしか出来なかったな…と思うのです。

 *

それが終わったのは、
2016年の9月頃でした。

とあることをキッカケに、

はた、と終わってしまった感じがあります。

そこからは、悩みに悩んで、
今に至るのです。

 *

未踏の地への入り口付近。

未だ知らないことに踏み入るのは、
歳を重ねるごとに

勇気を要するものなのかも知れません。

変化は、
良くも悪くもストレスにはなります。

怖くて当たり前なのが、変化。

元気な時には、

その刺激は
明るく楽しく前向きなのだけれど。

 *

静かにそれを見つめていると、

違ってきてしまっていることへの
違和感も大きいですし、

脱皮する寸前のサナギみたいに
渾身の力を振り絞るような、

何かこう、するりとはいかないような、

途方にくれる感じがあるのです。

 *

サナギから脱皮し損ねたセミを
見たことがあります。

わたしはどうなるんだろうなって、
ちょっと思いつつ。


ストーン・コンシェルジュ / アクセサリー作家
みたけさやか

2018/02/05

ブルートパーズ

0 Comments




















気持ちに寄り添うというのは、
美德的な扱いを受けるけれど。

行き過ぎると、

自分の境界線を
壊すことでもあるなあと思うのです。

 *

自分の意見を持つことは
とても大事だけれど、

行き過ぎて頑なになると、
それはそれで問題があるように。

何事も、

行き過ぎると、
色々難しくなるんだなって思うのです。

 *

そして、
その「行き過ぎ」感は。

人によって違うし、
基準がある訳でもないし。

強いて言うなら、

個人個人の心にある

「心地良さ」だけが
指標となり得るんだろうなあと。

 *

だから、適当に聴いて欲しいのだけど。

 *

人の気持ちが解るからって、
寄り添い過ぎていてはダメなのよ。

と思うので。

もうちょっと
自分の気持ちを大事にして、

そして。

寄り添い過ぎて
傷ついていることだって自覚して。

もうちょっと自分のワガママに耳を傾けて。

深呼吸をして、

うーん、と
伸びをしてみたらいいんじゃないかと思うのです。

 *

もし、寄り添い過ぎて、

自分の気持ちがどこかに消えちゃったみたいに、
麻痺しちゃっているとしたら。

そこからが本番かなって、思うのでした。

 *

境界線は、
ブルートパーズの感覚。



ストーン・コンシェルジュ / アクセサリー作家
みたけさやか

2018/02/04

ジュエリーラインの準備中

0 Comments



















MIKIMOTOさんからお声がかかるような

素晴らしい工房さんと一緒に、
準備をしています。

本当に素晴らしいので、
伺う度に心が躍り、背筋がシャンとします。

 *

Holly heal®︎ 独自のジュエリーラインは
2015年くらいから本格的に動き出し、

まずは、
マリッジからスタートしています。

福原美穂ちゃんからのご要望に
お応えするカタチで始まりました。

これは意味的に
八角形にこだわったマリッジで、

世界中からの
祝福を指にまとうことが出来るもの。

既存に3種類のデザインがあるのですが、

みなさんオーダーメイドで
デザインからこだわって作られています。

 *

そして、今年は。

念願のパーソナル・ジュエリー!

ツーソンのジェムショーにも出展されている
バイヤーさんから

直接仕入れるストーンを主に、

「その人のためだけに選んだ」ストーンを使って、

18KYGか、18KWGで作るものです。

 *

今、試作を動かしています。


ストーン・コンシェルジュ / アクセサリー作家
みたけさやか

2018/02/01

ポーチとマット

0 Comments



















とうとう。

ベルベット オラクルカード
ポーチ&リーディングクロスを入手しました!

 *

実は去年から
ずーっと欲しかったのですが、

贅沢かなあ…、贅沢だよなあ…と、
控えていたのです。

でも。

セッションの合間に
暇さえあれば、

サンプルのポーチに
オラクルカードを詰めたり、

マットをたたんで
ポーチに入れてみたりと、

色々している自分(笑)。

 *

先だって
生徒さんにオススメしたのを契機に、

「こりゃもう買うしかないな!」と、
本日手にしたのです(笑)。

 *























これは何がいいって、
2デッキ入る上に、マットまで入るのです!

マットもコンパクトで、
カフェなどでリーディングする際にとっても便利。






















基本の4枚リーディングを展開する
スペースがしっかり確保できます。


サイズ感はこんな感じ。本1冊分位です。




















コンパクトなポーチに
これだけ入っちゃうのは、

超・便利。

これで、出張だろうと何だろうと、
どーんとこい!

最高です♪

 *

先程、
生徒さんと書いてあるのを読んで、

「ん?」と思った方もいるかなと思います。

オラクルカードの
直観リーディングについては、

林武利会長からも「大したもんだよ」と
言っていただいていて。

ライトワークス五反田本店さまにて
シリーズ・ワークショップを開始しています。

4回シリーズで、

直観リーディングについて教える
という内容になっています。

そう、気がつくと毎月1回は
先生をやっているのです!

 *

オラクルカード・リーディング歴は、
ストーンよりもちょっとだけ短くて

今年13年目になります。

プライベートレッスンは

まだ三軒茶屋にオフィスを構えていた頃に
行なっていたのですが、

ワークショップ形式はここが初めてです。

 *

教えながら思うのは、

やって見せることが大事だなあということ。

心や意識の中の出来事は、

出来るだけ
「具体的な行動に落として」見せた方が

誰にでも判りやすいということ。
(当たり前か!)

なんですよね。

 *

わたしには
周囲が舌を巻く程の「集中力」があります。

これは幼少から
モノづくりをやってきたことが原因なのだけど。

リーディングの際に必要になる
その集中した状態を

どうやったら他者が再現できるだろう?
理解できるだろう?と思うと、

これが案外、
カタチから入ることで理解出来るのですよ。

様式の中には、
魂が宿るというか。

カタチには意味があるというか。

 *

なので、
教えるようになってから、

わたしは色んなグッズ(!)を

オラクルカード・リーディングのために
手にしています。

ポーチ、マット、クリアクォーツのスフィア、
場を浄化するスプレー、レメディ、関連書籍、
などなど。

それらはリーディングをやるために
「やること」を

感じさせてくれて、
視覚化してくれるからなのです。

そして、

理解を深めさせてくれるもの達だから、
なのです。

 *

最終的には
カードだけ持っていたら

それで全部クリアなのだけど。

そこに行き着くまでに、

その「集中」を引き出すことを
学ぶ必要があると思っています。

そのための投資。

そういうのって、あります。

 *

デザインを学ぶ時に、
一旦過剰に盛り込むことをやるのですが。

それは、削ぎ落とすために、
盛り込むのです。

学ぶというのは初期の段階では、
この盛り込むことが大事。

その後であれば、
いくらでも削ぎ落とせるからなのです。

そして、その削ぎ落とし方で、
個性が表れる。

 *

オラクルカードも同じ。

一旦は盛り込んでいく。
そのためにツールを揃えてやってみる。

ポーチもマットも、
そのためのひとつだと思っています。

 *

なんて、
真面目に書きつつ。

それは事実なのだけど(笑)。

お買い物って楽しいよね、って
いうのもありますけどね(笑)!


ストーン・コンシェルジュ / アクセサリー作家
みたけさやか

2018/01/24

アミート・ブーケが、ネットでも買えるようになりました!

0 Comments



















Holly heal®︎on Sundayのアクセサリー
Amiito Bouquet(アミート・ブーケ)が、

インターネットでも
店舗でも買えるようになりました!

 *

お取り扱いくださっているのは、

あの!
白金台にあるギャラリーショップ


女性の就労支援にフォーカスした
世界各国からのプロダクトを展開しているお店で、

障がいをお持ちの方だったり、
貧困に苦しむ方々だったり、

いろんな困難を
解決しようとしている生産者プロダクトから

洗練されたものを集めています。

 *

ありがたい&うれしいことに、
オーナーさんが気に入ってくださり、

Amiito Bouquet(アミート・ブーケ)も
そこの一員に加えていただけました!

 *

そして
Will GalleryさんのWEB SHOP


お客さまからご要望のあった、
WEB販売です。

ぜひ一度ご覧になってくださいね!

 *

わたしは、
バッグやイヤリングなども

ストールにお洋服など色々と
こちらで買わせていただいています♪

どれも、
丁寧で手仕事の味わいがあります。

お店の開店日は

ぜひフラーっと立ち寄ってみてください。

 *

アートギャラリーと同じで、
観るだけでも大丈夫。

オーナーさんとの
おしゃべりを楽しみに行かれる方も多い位です。


安心してくださいね!

 *

ご要望があったので、
お知らせでした。


ストーン・コンシェルジュ / アクセサリー作家
みたけさやか